FC2ブログ

新訳:記述0 それでも神話は生誕するのか

20180801-mini_20190303055902544.jpg

新訳版です。
細々と更新していきますので、よろしくおねがいします。



記述0 それでも神話は生誕するのか

 空は、見慣れない色をしていた。世界に光が満ちていたからだ。見渡す限りに広がる真っ平な大地には、見たこともないくらい鮮やかな色を付けた若草が、どこまでも、地平線の彼方まで生い茂っていた。
 草原の真ん中、世界の端っこ。
 彼はそんな所をポツリと独りで歩いていた。
 雨上がりの空に浮かぶ、小さく千切れた雲の群れは、甘ったるい香りを帯びた花弁たちと共にそよ風に吹かれ、流され、遠くへ消えていく。風は彼の頬を撫で、彼の髪をサラサラと遊ぶように揺らしながら去っていく。少し伸びた前髪の間から、真っ赤に腫れた二つの瞳が光を浴びて輝いた。眩しそうに眼を細め、どこでもない地平線の彼方だけを真っすぐに見つめていた。
「何も無いな」
 彼は呟いた。踏みしめた大地の上に生える小さな草花の芽吹き、遠い空の果てから聞こえてくる小鳥たちの歌声、生きとし生ける全てのもののために溶けて消えた氷山から流れ落ちる雪解け水の冷たいせせらぎ、そういったものを感じられないわけではない。美しいと思っていた。けれどもそこにはどうしようもない程に大きな虚無があった。得たものより、失ったものの方が多かったからだ。奪われた、というのならばなおのこと辛かろう。嘆き悲しんだ所で何も変わらないからと言って、前へ進もうとすることは彼の良い所の一つであり、だからこそ彼は今も歩き続けている。それは美しいことだと思う。私にはできなかった。
 彼は歩いた。どこへともなく歩き続けた。行きたい所なんてどこにもない。自分が何を求めているかもわからない。それでも毎日毎日、日が暮れても、朝が来ても、いつもいつまでも歩き続けた。どれだけの時が過ぎただろう。その間にも世界は色を変え、形を変え、金色の太陽の光と共に彼の行く道を照らし続けた。
 彼が足を止めるのは、歩き疲れて一歩も動けなくなった時だけだ。空腹を満たす果実の成る木を前にしても、喉を潤す湧き水の傍を通っても、人の住む家屋が目に入っても、「やはり何も無かった」と意地を張る。まるで読めない文字で書かれた看板と鉢合わせてしまった時のように、眉をひそめ、目を逸らす。そうやって無理矢理にでも見なかったことにしながら、一人旅のようなものを続けていた。
 後ろから何かが倒れる音がして、一度だけ後ろを振り返ったことがある。振り返った所で、やはり何も無い。看板は無くなっていた。
 彼は歩く。周囲がどれだけ景色を変えても、彼は歩き続けた。それが彼の罪滅ぼし。
 朝を迎え、夜を迎え、いつしか草原はどこかへ消え失せ、石畳の道、鉄板の床、赤い血だまりなどの上を歩くようにもなっていった。世界は鮮やかに劇的だ。そんな中で彼一人が変わらぬ歩みを続けていた。変わりたいと思ったことはある。だからこその罪滅ぼし。
 苦しみが欲しかった。悲しみを抱いていたかった。時が経てば経つほど安らぐ怒りを失わぬよう、かさぶたを剥がしては傷口を抉ることを繰り返した。あぁ、なんて惨め、なんて虚しい、なんてひもじい。この魂には罪があり、罰が必要なのだと彼の全てが叫んでいた。
「それはオマエたちだって同じであるはずだ」
 どれだけ月日が流れようとも、どれだけ景色が移り変わろうとも、失ったものが二度と帰らないというのならば、失ったものに愛されることも、赦されることも二度と無い。失うとはそういうこと。奪うとはそういうこと。
 だから、罪。だから、罰。
 忘れること、忘れないこと、はたしてどちらが善良であっただろうか?
 語り継がれる歴史の中で、彼の姿は悪しき龍の姿へと変わり果てた。
 それを想えば想うほど、何もかも許せなくなる時が来た。
 今はもう、その怒りの切れ端ですら覚えている者はいない。
 
 あの人の笑顔を覚えているのは俺だけで、あの人の心からの願いを伝えられたのも俺だけなんだ。
 
 覚えている。この矮小な魂の真ん中に、今も深く深く刻み込まれている。
 眼を閉じれば思い出す。灰色の空の下に広がる物語。
 いつだって陰鬱に湿っていた曇天の空。殺風景な不毛の大荒野。
 嘆き。苦しみ。血と涙。怨嗟の入り混じる人間どもの断末魔。
「私は幸せになれなかった。あなたを幸せにすることもできなかった」
 みんながみんな、この物語を『悲劇』と読んでいる。
「私と過ごした日々は苦痛しかなかっただろう。それでも、あなたに出会えて良かった、なんて言ってもらいたい」
 ああ、もちろん! もちろんだとも!
 こんなにも辛くて生きもできないくらい苦しいのに、いつまで経ってもこの思い出を手放すことができないのは、遠い記憶の中で寂しげに微笑むあなたの横顔を、その向こう側に映り込む世界の広がりを、「美しい」と思っているから!
 私は生きる墓石。私の過去の全てを語り継ぐ者。最後の一人。
 昇る朝日はいつだって眩しかった。あなたが愛してくれた世界が美しかったから。
 芽吹く草花を愛おしいと思っただろう。あなたの屍の上に咲いた命だったから。
 呼吸する程に体の奥へ澄んんだ空気が冷たく染み渡る。私の体を、脳を、弱き心を蝕み作り替えていく。
「もう、大丈夫」
 そんなことは思いたくはない。
「あなたはこの世界でも生きていける」
 見捨てないでくれ。見捨てたくないんだ。
「あなたなら大丈夫」
 
「あなたと共に生きた世界を、私は美しいと信じたのだから」
 
 
「あなたが生きるこの世界が、今日も明日も明後日も、変わらず美しくありますように」
 
 
 
 これは祈りの物語。
 去り逝く者たちの愛を記したレクイエム。
 志半ばで倒れた全ての霊魂に祝福を。慈悲を。
 白く気高き理想と誇りは今もなおここに変わらず。
 約束という名の大切な絆が今もこの心を手痛く縛り付けている。
 それでも過去を美しいと思えるならば、きっと前へ進めるだろう。
 晴れた青空からかすかに降り注ぐ粉雪の優しさがあなたに届いた頃、この世界には春が来る。
 あなたの愛した冬なんて、もう二度と巡ってこないと思うけれど……
 
 
 
 でも……
 

 それでも、

 

 それでも、
 

  
 
 あぁ違う! やっぱりそうじゃない!
 あともう少しだけ。あとほんの少しだけ。
 
 できれば、もっと。
 もっともっと、ずーっと、ずーーーっと、
 
 神話になんてなりたくない。


「あなたと一緒にいたかった」


 それが私の、最初で最後の願いであったはずなんだ。
...
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

鵺獅子

Author:鵺獅子
ファンタジーな創作とゲームと北欧神話を愛するただの変人
 コンゴトモ ヨロシク

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる