FC2ブログ

バレンタインと近況報告

254.jpg

バレンタインに描いたヤツ



一週間ほど前からリアルの方がちょっとというかかなりヤバイことになってしまって、しばらく意気消沈していたのですが、だんだんと回復してきました ひたすらゲームしかしていなかったのですが、ゲームは偉大です ちょっと創作から離れたいと思った時の心のよりどころになりますね なかなか戻れなくなる問題は別においておくとして
色々と自分なりの工夫をした結果様態もだいぶ安定したので、これから状況も好転するのかなと思った矢先のアレだったので思いの外ダメージは大きかったです (ぼんやりと話していますが何のことなのかは察してください)
このまま泣き寝入りもしていられないので早めに立ち直りたいものですが、そううまくいかないことも散々思い知らされているので、今回はのんびり時間が解決してくれるのを待とうと思います
ツイッターの創作アカウントについてはしばらくタイムラインを見ないことにしました 他の人が楽しそうに創作している様子を見ると、どうせまた死にたくなるだけだと思うので懸命な判断だと思っています 申し訳ないですがしばらくTL反応ができません
一方的にツイートだけして去っていくことはすると思いますのでその時は適当に「あ、生きてたんだ」くらいの気持ちでいてください
ゲームアカの方ではわりといつも通りに騒ぎ散らしているのでよろしくおねがいします ☆4マシュが30レベルになりました
 
スポンサーサイト



成長の波動を感じないこともない

突然漫画を描かねばならない衝動にかられ、いつものらくがきなどにはわき目もふらず、ひたすら四コマ漫画を描いています
ネタ切れで勢いが止まるのを防ぐという意向も込めて、描いているのはもっぱら過去に上げていた作品のリメイク
作成時期の古いものや、正直面白くねぇなって思ったものや、恥ずかしくて見てられなくなったものは数えだすとキリがないくらいありまして、9年以上に及ぶサイト運営期間の間に撤去して表に出なくなった四コマは軽く100を超えるものだと思われています
すごいっすね

ちなみに以下の漫画は2度目の書き直しになります 一番最初の画像は……もうこの世に無いだろうね
右側が1回目の書き直し いうなれば旧版ですね 以前のサイト大規模改装時に撤去されたものなので、現在はどこにも掲載されていません 普通に面白くないもんね、シカタナイネ

246.jpg clear20.gif


247.jpg clear14.gif


248.jpg clear15.gif


 

今年最後の書き込みで2015年を振り返る

229.jpg

2015年も残りあと30分くらいになりました
今年は災難あってリアルは酷いありさまだったのですが(まだあんまり改善されてないんだけど)、なんとかなりそうかなって希望を抱けるようにもなってきました
前半は驚くほど何もしてなかったのですが、10月頃からは創作意欲も回復し、らくがきしたり漫画描いたりなんかもできたので、この調子で2016年を迎えられたことにとても安心しています
ツイッターをはじめとしたインターネットでの友人達にも随分と助けてもらいました 心の底から感謝しております

ただ12月に入った途端ボーイズでラブな話しかしなくなったのはどうかと思います
今月に入って更新した短編小説の数がすさまじいことになっているのに、そろいもそろって内容がホモで表に公開できないありさまでした
見てくれる人がいるから書けるという気持ち半分、ただ書きたいから書いているという気持ち半分
プレッシャーもなく思う存分創作ができる比率なのだと思います
今後もしばらくはどのような調子でサイトが更新されるのかわかりませんが、暇ならどうぞアンズー共和国とTUPSIMATIをよろしくおねがいします

サイトを復活させたはいいけど更新頻度が適当すぎるのが申し訳ないので、サーチエンジンとかにはまるで登録してないんですよね
なんだか改めて自分の創作を宣伝したい!って気持ちがなくてですね
たまーにぼんやりと作品描いて、一人、二人に観てもらえればそれでいいかなっていうひっくいハードルでやっています
昔はもうちょっとたくさんの人に観てもらいたい、楽しんでもらいたい!って野心に燃えていたのにね 人って変わるもんですね

描きたいとかいいつつ放置しているシリーズもたくさんあるので、ちゃんと進めていけたらいいですね

norma-79.png
お遊びで描いた漫画っぽいワンシーン
主人公って誰だったのだろう?
 

更新再開します

228.jpg
久々のパパs登場

数日前の話ですが、神話生誕へのリンクが開通しました
これでひとまずサイトの復旧作業は終了ということになりますので、次からは普通に更新を再開していこうとおもいます

ということで早速四コマを一本書いてみたのですが、これはどうしようもないネタですね
元から神話伝承の四コマにはメタ発言がちょいちょいあるのですが、こんなにダイレクトに使ったのは初めてだと思います
それもそのはず、このネタもともと没ネタだったものを、本日「なんか使えるのネタねぇかな~」ってデータ漁ってた時に偶然みつけたものです
ネタ出しした当初は「これだめだろ、ルーちゃんオチもこいつら気持ち悪いしだめだろ」って思ってたのですが、ネタ枯渇の飢饉問題には耐えられませんでした
シカタナイネ こいつらがエルグ関連の話で気持ち悪いのは今に始まったことじゃないもんね
実親のパパsはどうであれ、ほぼ他人のソドさまはダメだと思うけど
この二人は仲が悪いくせに意見はよく合います


norma-78.jpg
VOICE secondに短編小説一本投稿しました
いわゆる死ネタです わぁいアンズー死ネタ大好き!
神話伝承の本編をちょっとずつ切り取って短編を書いていこうという試みの下書かれた小説のため、いきなり状況がわからない感じで始まりますが……気にしないでください そもそもあのブログにある小説はみんなそんな感じなので、今に始まったことではありません

あらすじ漫画「伝承4 風の道標」

arasuji_04.jpg

伝承4 風の道標

 「地の神子、水の神子と共にフロムテラスの北にあるハルセフ教国に来てほしい」聞かされたとおりにハルセフ教国へと渡る港町で、エルグ達は同じく召集をかけられていた雷の神子ライディと、彼らを集めるように依頼していた風の神子セライディムと合流する。セライディムの用意した飛行機械に乗り、空に浮いた不思議な島国ハルセフ教国へと入国する。ハルセフ教国には天上の塔と呼ばれる古い建築物があり、セライディムはその最上階へ神子達を招き入れたが、そこにはなんと封印されているはずの風神ブラムの姿があった。
 光炎地雷闇氷水風の八大精霊を司る八神の一柱、風神のブラム。知識と伝達を司るこの神は、自分が百年前の魔族との戦争の際に一人だけ封印から逃れていたを告げると、神子達に神々の現状と、これからすべき幾多の使命について語っていった。
 魔族とは、魔神イヴルの管理する、魔力と呼ばれる不思議な力を体内に宿す種族であり、本来ただの生物の一種にすぎないそれらが神である神族に戦争をしかけることは全くの無謀な事であった。しかしそんなことがまかり通るようになってしまったのは、黒影龍と呼ばれる龍の力を情神アーゴが手に入れてしまったからだという。黒影龍の息吹は神の魂そのものを破滅に追い込み、命を奪い取る。黒影龍は神々の天敵であり、八神程の力が無ければ相手をすることが出来ない。ブラム以外の八神を目覚めさせるために必要なことは二つ。一つは八人の神子を集め、その魂の欠片を中央神殿に捧げること。もう一つは、八神を封印した魔皇女アングルという魔族を見つけ出し、解呪をさせること。ブラムはそのどちらか一つ、あるいは両方をやってくれないかとエルグ達に頼んだ。エルグは迷いなくこの頼みを聞き入れる。最後にブラムは自身が直接神子達の力になれないことを詫び、炎の神子がウエスタン帝国南部の荒野にいうらしいという情報を託した。
 ブラムに別れを告げ、塔から降りる途中、セライディムはクローネスに忠告をする。
「自分のことを、まだ普通の人間だと思っていませんか?」
 冷ややかなその言葉はすぐにエルグによって諌められたが、クローネスの胸には杭を打たれたような痛みが走った。「アイツ自身が一番神になることを恐れているだけだ」ライディの軽い野次すらも、その時の彼女にはきこえなかった。

続きを読む

sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

鵺獅子

Author:鵺獅子
ファンタジーな創作とゲームと北欧神話を愛するただの変人
 コンゴトモ ヨロシク

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる